全教図のブログ

主に学校向けの備品教材を製作販売している会社のブログです。ご連絡は、info@zenkyozu.co.jpまで。

新聞記事を見て

皆さん、こんにちは。

全教図です。

 

気がついたら、太陽が出ている時間が結構長くなっていました。

そろそろ春ですね。

春といえば、今年は小学校と中学校が新指導要領の先行実施になりますね。

準備は、進んでいますか?

今の時期は、年度末作業などで大忙しとなっている先生も多いのでは?

 

 

先日、朝日新聞に新指導要領でのアクティブ・ラーニングの扱いについての記事がでていました。

記事には、ツールを使った例やジグソー法を用いた例などが出ていました。

 

ツール?

あります。

その名も「シンキングツール・ボード」

http://zenkyozu1.sakura.ne.jp/pamphlet/ca_board.pdf

こちらは、関西大学の黒上晴夫教授の監修の下、いろいろなツールを駆使して、自分の頭の中で考えていることを視覚化しようという教材です。

テーマについて、こんな考えが浮かんでいるんだけど、うまく整理ができない。

そんなときにこのツールを使って考えを見て整理する、というもの。

大きさは、B3判(364×515mm)。このサイズは、電車の中吊り広告とほぼ同じです。

 

実は、朝日新聞の記事で紹介されていたツールは、ピラミッドチャートを用いた事例が出ていたんです。リンクしているチラシにも出てます。

ちょっと記事を引用してみますね。

「1番下の段に「時代背景」、2番目に「具田的な出来事」、一番上に「結論」を書き込む。例えば「鎌倉幕府は元と戦い、どうなったか」について、班に分かれてシートに書き、他の班の子どもと見せ合いながら仕上げた」(朝日新聞2018年2月17日朝刊より)

一番下には、東アジアの元の動き、鎌倉幕府のご恩と奉公について

2番目には、元の襲来と御家人の活躍

1番目に、元の撤退と御家人のご恩の問題

で、良いのかな…

結構、書く量が多くなってしまいそうですね。となると元の動きを調べる班と幕府の動き担当の班と分けてジグソー法的な手法で。。こういうときにやはり先生はすごいなぁと感心してしまいます。なかなか、どうさばくか。なんて考えられないです。

ちなみに、この授業では、下から上に情報を集約していくという作業を行っていますが、うちのチラシでは反対に、大きな情報を上に提示し、そこから絞っていくという形です。

このようにどちらにでも使えるようになっています。

 

ツールなので、どの授業でも対応しています。

今回は、記事をたまたま見たので、ピラミッドチャートの紹介でした。

他の構成で紹介できそうなのがあれば、また紹介します。

 

では、また!

広告を非表示にする

学区地図とは?

皆さん、こんにちは。

全教図です。

 

今回は、うちの主力商品その1「学区地図」を紹介します。

この地図は、学区をオリジナルの地図にする、という地図。

 

これまで作っていただいた学校の数は、なんと1000校以上!!

ほんと、ありがとうございますm(_ _)m

 

では、そこまでごひいきにしていただいた学区地図を早速、ご紹介いたします。

 

この地図は、先生が必要な範囲等を指定するだけで、出来上がってくるというもの。

 

ワークシートや安全マップ、防災地図、町たんけんなど、使い方はアイデア次第でいくらでもあります。

というのも、基本はデータ(PDF/ビットマップの2種)でお渡ししますので、

様々な大きさの印刷をすることで、先生のアイデアにぴったしのサイズで出せます。

新聞見開きとだいたい同じ大きさのA1サイズ(594×841mm)の印刷も可能

児童・生徒が調べたことを書き込んだり貼り込んだりして、教室に掲示してもだいじょうぶなくらいです。 

どんなことに使えるか、または使ってみたいか。いくらするんだ?などなど、

気になる方は、こちらをごらんください。

http://zenkyozu1.sakura.ne.jp/pamphlet/ca_originalmaps.pdf

 

では、また!

広告を非表示にする

安全教育研究会に参加しました!

皆さん、こんにちは

全教図です。

 

今日は、世田谷区の小学校で開催された

全国・東京都学校安全教育研究会

に、ブースを出して弊社の御案内をさせてもらいました。

 

安全教育は、これからもっともっと注目される分野といえます。

児童・生徒の身を守るにはどうしたらいいか。

児童・生徒が自分事として考えるようになるにはどうしたらいいか。

さまざまな悩みどころが安全教育にはありそうですね。

安全教育に関係がある教材として、

「命を守る心肺蘇生・AED

f:id:zenkyozu:20180213093556j:plain

という副読本があります。

本年度の配布は修了し、来年度の予約受付を開始しています。

配布する対象は「小学校」としています。

また、簡単なアンケートに答えていただく必要があります。

興味がお有りの方は是非、ご一報ください!!

 

f:id:zenkyozu:20180209185903j:plain

悩みも多ければ教材も多くなりますね。

 

では、また!

全教図の教材とは!?

みなさん、こんにちは。

全教図です。

 

今回は、うちが扱っている教材について御案内します。

教材というと皆さん、どういう印象がありますか?

計算ドリルとか、漢字ドリルとか、算数セットとか。

なんか、子どもの頃、持たされてやってたようなやつ。

なんて、思っていませんか?

前回、先生が使う教材とサラッとながしていましたが、うちのは違うんです。

学校の先生が授業で使うもので、学校の備品の教材だから備品教材。

(厳密には、消耗品であったりとかの名称があるのですが、細かいので割愛します)

 

例えば、地図。

社会の時に先生が大きな地図を持ってきて黒板の前に出してきたことありませんか?

例えば、年表。

教室の後ろとかに日本史年表ありませんでした?

他に、掛図。

これ、明治時代から使われてる教材なんです。

f:id:zenkyozu:20180202152108j:plain

師範学校改正小学教授方法」より(国会図書館蔵)

 

今では、カード化されたり、デジタル化されていることが多いです。

そういったものを弊社は多数作っています。

他に小型カードなど先生が手軽に使える教材を作っています。

 

詳しくは、弊社ホームページまで。

http://www.zenkyozu.co.jp

 

個々の教材に関する詳しい内容は、追々、ブログで紹介していきます。

 

では、また!

 

ごあいさつ

はじめまして。

全教図といいます。

学校の先生が使う地図や教材、いろいろな団体と協力して児童や生徒たちへの副読本を作ったり、はたまたメガネの裏につけて使う老眼鏡といったものまで作って販売しています。

 

ここでは、主に教材の紹介やオススメ使用方法、日々の雑感などをつらつらと書いていくつもりです。

 

よろしくお願いします!

広告を非表示にする